人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ねこちんの日常

necochin.exblog.jp
ブログトップ


私はイヤリングが好きらしい


ルミネでイヤリングお持ち帰り_a0317923_22451747.jpg


ルミネの10%オフで
大抵ふら〜っと
ウインドウショッピングしながら
コトモノマルシェという
アクセサリー屋さんを覗く


今日もお持ち帰りしてしまった


淡い色合いなので主張し過ぎず
でもそこそこ大きさがあって好き‼︎

自分へのプレゼント⁉︎ご褒美⁇
とか言い訳を考えてたら

店員さんが声を掛けてくれて
試着したら(イヤリングは試着OK)
もう持って帰らない訳はない


毎度ありっ
チャリーン



最近ちょっと財布の紐が緩んでる気がする〜





# by tomo-necochin | 2022-05-22 22:44 | 好きな物・コト | Comments(0)


膝で寝るアリアさん

アリアさんの寝顔撮りたい!_a0317923_21110533.jpg


可愛いから写真撮ってたら

アリちゃんは写真苦手なので
しっぽブンブン
イライラモード


からのぉ〜
ちょい噛みの甘噛み〜痛い〜‼︎

アリアさんの寝顔撮りたい!_a0317923_21554147.jpg




でも冷静にならなきゃ!って
せっせと毛づくろい



アリアさんの寝顔撮りたい!_a0317923_21563471.jpg



アリアさんの寝顔撮りたい!_a0317923_21563847.jpg


そんなアリアさん、可愛い♫

完全なる親バカ






# by tomo-necochin | 2022-05-12 21:09 | ねこ | Comments(0)

2022GWお留守番アリアさん



5/1の母の退院からずっと
実家で母とのゴールデンウィーク
母娘2人暮らし


母はもう、1人では暮らせないので
明後日の日曜日から妹の家に行くことになり
それまでの受入準備期間中、私が実家に居候


旦那さんと娘は話せば分かるけど
アリアさんには説明出来ない
(一応言ったけど、詳細は分からんよね〜)
ちょっと挙動不審になってるみたい







昨夜娘から送られてきた写真


部屋の隅に置いた爪研ぎの上で寝てる
ここで寝てるのは見たことない

2022GWお留守番アリアさん_a0317923_10151304.jpg


娘が
こっち来る?と聞くと
膝に収まった
2022GWお留守番アリアさん_a0317923_10172988.jpg

アリアさん、ごめんね
明後日の夜には帰るからね
待っててね〜





# by tomo-necochin | 2022-05-06 10:08 | ねこ | Comments(0)

母の退院



昨日の朝
母は約半月の入院を終えた

妹と迎えに行き
実家と病院は近いのですぐに帰宅できた


退院後の事を話し合う
カンファレンスで先日呼び出された時
最後に車いすで連れてきてもらい
久しぶりに顔を見た時は
弱々しくかなり参ってる感じに見えたけど

退院が決まってから
前向きな気持ちになれたみたいだ


実家にはポータブルトイレをベッドのそばに
設置したけど
自分で4点杖をついて家のトイレに行く練習をしてた(もちろん介助付き)
夜には1人で杖をついて行かれるようになった

嬉しかったし、自信がついたみたいだ


今週は私が実家で寝泊まりする
来る直前に
頼んでおいた芍薬が届いたので
芍薬と共に実家に来た


2人で「綺麗ね〜」と見惚れてしまう

母の退院_a0317923_22533745.jpg


この時期しか見られない芍薬

綺麗なものを見て
楽しく過ごそうね〜♫




# by tomo-necochin | 2022-05-02 22:38 | | Comments(0)

久々の更新になったのに

忘備録の目的もあるので超長文です。




4月17日の日曜日、お昼前に実家に行った。


母が図書館に行く頃だから

午後一緒に行こうかと思ってたら

朝のうちに1人で行ってきたと言う。


持って行った炊き込みご飯おにぎりを

2人で食べてたら

母の左目の下瞼がピクピクしてる。


疲れたのかもと思い、少し長めの極休みをして

母の希望でシャワーを浴びた。 

ピクピクはすぐに治っていた。


気持ちかった〜♫とさっぱりした様子。

髪を乾かすのを手伝ったりしてたら

また目の周りがピクピクしてるので

少し横になって休んだら?とベッドに入った。


30〜40分したら起きてきて

椅子に座って少し喋ってた時

顔の左半分が痙攣し始めた。

病院に電話しようか?と聞くと

訪問看護師さんに電話して!と言われ

自分で血圧と体温を測り始めた。

血圧が200以上と高い、熱はない。

訪看さんは30分程で着くと言ってくれた。

その頃には顔全体が痙攣してた。

だんだん体の方も痙攣し始めた。


訪看さん来るまでベッドに行ってようか

と促すとトイレに行くと言うので

付き添って用を足し、

改めてベッドの壁側を背もたれにして座った。


直後から急変し、

全身をつっぱる様にうめき始めた。

目は開いてるけど、眼球は斜め上を向いて

正面は向けない様子。

こりゃやばいと119番を回した。

母を支えながらもう片手に携帯で喋る。

消防署の人は絶え間なく質問や指示を出す。

肩甲骨の後ろにクッションなど入れて

気道を確保して!


様子を聞かれ答えるけど

私もパニックしてて説明が難しい。

やっとこさ携帯をスピーカーモードにして

両手で母を支えたり摩ったりしながら

マスクで動きながらスピーカーに喋るので

聞こえづらい事もあるみたいで

なんかもう怒鳴り合いに近い喋り方になってしまった。

母が気持ち悪そうな顔をしたので

洗面器を持ってきたけど嘔吐はしなかった。

ピーポーとサイレンが聞こえ

玄関の鍵を開けてすぐまた母の元へ。


不幸中の幸い、消防署は信号一つ分隣の近さ、

病院も徒歩でも10〜15分の場所。

程なく到着した隊員の方たちは5、6人いて

狭い部屋に人が溢れる。

1人の隊員に事情を聞かれて対応してる隙に

訪看さんに電話して救急車を呼んだ事を伝える。

他の隊員さんが母の様子を確認し、母は運ばれていく。

私は母の靴を持っていく様に指示され

カバンを抱えて家を出た。



すぐ病院に着いて、私は待合室へ案内される。

結構長く待たされたけど、

主治医の先生が救急の呼び出しで来てくれたそうだ。


主治医先生より、

色々な検査をした結果、

脳の転移周辺に

かなり浮腫がきていて広範囲だと言われた。

肺の方の影も前より出てるので、

肺転移も徐々に進んでいるのだろうけど

痙攣を起こすほどでは無い。


痙攣が出るのはお母さんにとって

結構辛い症状で

それによって脳の回路がくるくると

高速で回ってしまったのを点滴で抑えてる。

=眠らせてるに近い状態にしている。

だから認知機能を落としてる。

他の症状は無いので、恐らく脳転移の痙攣発作。


今後は痛みや苦痛を減らす治療をしていく。

多分意識は戻らない可能性が大きい。

 

コロナ禍なので面会制限してるけど

急な悪化、変化があれば呼びます。

でも間に合わない突発的な発作があるかも知れない。


延命措置は行わない。

お母さんも再発して3年余り頑張ってるので、

これ以上は医師としても、

自分に置き換えても、苦痛を伴う事はしない。

年齢的、体力的に手術や放射線は出来ないし、

あまり意味がない。

母も延命措置を希望してないので、

 その方向でお願いします。


他に何か質問等ありますか?と聞かれた時、

思わず泣きそうになった。

頭で理解してる事に心が追いついてなくて

すみませんと顔を背けてしまった。


そんなに急に言われても難しいですよね。

と言ってくれたけど、

静かに涙が出てる状態で先生の話を聞いた。


このままお待ちくださいと先生が退室したら、声を出して泣いてしまった。

泣きながら、

これを妹にどう伝えればいいのか…。

何も答えが見つからないので、

手が震えながらスマホのメモに

聞いた事をまず整理した。


でもとりあえず妹夫婦にざっくり話した。

2人ともショックを隠せない感じだったけど、看護師さんが来たので一旦電話を終了。



今度は病棟の方へ案内され

入院手続きの看護師さんと話した。


基本面会できるのは入退院時のみ。

私は最後にドア越しに面会した。

左斜め上を向いて眠っている。

「お母さん、頑張って!」と声を掛けたけど、聞こえてないだろうという事と、

お母さんが頑張る事を望んでるかと考えると

複雑で虚しくなりため息が出た。


病院に到着したのが17時頃、

先生から説明受けたり、入院手続きして終わったのが21時。長かった〜。

それから一旦実家へ行き戸締り確認した。

娘がおにぎり2個とスープジャーに入れた味噌汁持って車で迎えに来てくれた。

優しいねぇ。帰宅したら22時。



翌日、実家でテレワークして

口腔ケア用品を昼休みに持ち込んだ。

近所のドラッグストアで6日分位購入して持ってった。あとはマスクとお薬手帳。

母の様子を聞くと、

虚だけど自分の名前言えるそうだ‼︎


火曜日にオーラルケアの大量パックをAmazonで注文したのが到着。

木曜日の実家テレワーク時に持ち込もうと思い、水曜日に予約の電話したら、

母は今日、自分で歯磨きしてるから、

オーラルケアはもう要らないと言われた‼︎‼︎

食事も始まったそうだ(・∀・)

なんか急展開過ぎてびっくり!

靴やスリッパ、お財布、TVカードなど必要らしい♫

でも結局TVカードは使ってないみたいで、

ほとんど寝ているらしい。

個室しか空いてなく、部屋にトイレがあり

付き添われて自分でしてるそうだ。



明後日の5月1日、退院する。

とりあえず実家に帰って、

ゴールデンウィーク明けから妹宅に行く事になった。

妹が悔いを残したく無いと希望した。

私は土日の休みにサポートする予定。


これから介護生活に入る。

どこまで続けられるか分からないけど

今回、母の余命は2、3ヶ月〜半年と言われた。

多分年を越せるか位まで母は頑張れると思う。

一応ホスピスの申し込みはしておく。


退院するとはいえ、かなり弱々しく

心も気弱になってしまったけど

花が大好きな母に

お花を見に行こうね、庭に植えようね

というと、うんうんと言う。


訪問診療やデイサービス、一時預かりなど

色々駆使して

母も私たちも悔いなく過ごせたら幸せだなぁ。




とりとめのない、重たい話を

最後まで読んでくださって

ありがとうございました。








# by tomo-necochin | 2022-04-29 14:23 | | Comments(2)

長毛キジトラ猫のアリアと私「ねこちん」の好きな事集め


by tomo-necochin