ねこちんの日常

necochin.exblog.jp
ブログトップ

手術は無事に

朝、院長先生から電話でアリアさんの尿管結石手術の報告をもらった


まずは無事に終了し、術後の麻酔もスムーズに覚めたそうだ
結局夜中の1:30〜4:30に行ったとの事

先生ありがとうございました!


夜に説明受けに伺った

ごま粒より小さく
薄茶色のざらっとした感じの石
溶ける石かそうでないか、検査に出して今後の治療の助けになる

手術中の写真を見ながら(私は割と大丈夫だけど、そういう写真に弱い人だったら辛いかも)、石を取り出す際にわかった事を聞いた

まずは、通常 腎臓から膀胱に走る尿管は、背骨に沿って走る静脈と並行して通っているのに
アリアさんの尿管は生まれつき静脈の下をくぐっていて走行障害(?)だった

外部の外科専門の先生は年間600例も手術するベテラン先生らしいけど、その先生でも3例目だという珍しいパターン

電気のコードが絡まるのに似ていて、丁度大きく曲がる辺りに石が詰まっていたので、そういう事も一因かもしれない

大きな石が尿管の内壁にぶつかりながら通ったので、びらん状にただれていて、傷んでしまった3〜4センチを切除し、膀胱につないだそうだ

髪の毛より細い糸で縫ったので、5日位は安静に過ごす
抜糸は1〜2週間後なので、退院後になるかもしれない

もう片方の石は発見出来ず、でも尿管に問題はなさそうなので今回はそのままにした

せっかく開腹したので、一通り内蔵を見た所、
すい臓の大きさが通常の5〜6割程のサイズしかなく、年をとった時に膵炎など起こしやすいので経過を見ましょう

術後の経過は、最初は口からよだれや泡状の物が出ていたが、夕方にはだいぶ治まり
血液検査の数値も悪くないので、鎮痛剤と麻薬を使い、痛みのストレスを和らげている
まずは成功したとの事

色々分かったし、石も出て、尿管も正しい位置に治してもらった
これで良い状態をキープ出来ればいいなぁ

アリアさん、もう少しだよ



[PR]
by tomo-necochin | 2016-04-11 21:43 | ねこ | Comments(0)

長毛キジトラ猫のアリアと私「ねこちん」の好きな事集め


by tomo-necochin